機械業界

工作機械と板金機械の違いは?|機械商社がかんたんに解説します

工作機械と板金機械の違い

 

 

工作機械と板金機械の違い

今回は「工作機械と板金機械の違いは?」というテーマです。
忙しい方のためにはじめに結果だけ記載しておきます。

工作機械と板金機械の違い

工作機械
加工物(ワーク)を切削して成形加工する用途の機械。
鉄・アルミなどの素材に穴あけ、切削、研削、研磨などの加工をする機械の種類のことです。
(例)
旋盤(汎用・NC旋盤)・フライス盤・マシニングセンタ
複合加工機・研削盤・研磨機・ボール盤・タッピング盤
放電加工機etc
(特徴)
・切削(削る)加工なので加工時に切粉がでる
・基本的に「除去加工」

板金機械
加工物(主に鉄板)を切断・鍛圧成形・曲げ加工など
主に板上の素材に加工を加える機械の種類のことです。
(例)
シャーリング・ブレーキプレス・ベンダー・ロールベンダー
レーザー加工機・プレス機械・板溶断機
(特徴)
・加工素材が鉄板などの「板状」
・切削加工ではなく、曲げたり切断する機械
・基本的に切粉は出ない

切削する機械=工作機械
鉄板を切ったり曲げたりする機械=板金機械
カンタンにいうとこんな感じの認識でOKです。

うえの工作機械の欄の「除去加工」とは、ワークから素材の不要部分を切削(除去)する加工のことで、ふつうは削る動きなので削ったあとに切粉が出ます。

悠
削って切粉がでる機械の分類は、ほとんど工作機械。
板を加工するのが、板金機械。
国内外の製造業で使用される機械はほとんどがザックリと分けるとこの2種類です。

工作機械・板金機械にはそれぞれ特徴があり、機械の種類は加工内容・機械の形によって決まります
おもに工作機械業界で使用する分類ですので、機械をじっさいに使う人はあまりこういった分類は意識しません。
また、「板金機械」のなかでもさらに細かく種類を分けてプレス機械のみ「鍛圧機械」というジャンルに
分類することも多く、その二つをまとめて「板金・鍛圧機械」と呼んだりもします。
また、「工作機械」のなかでもNC制御のものと一般的な工作機械を分けたりもしますが、
基本的には工作機械と板金機械の違いがわかればOKかと思います。

工作機械の例

工作機械の一例を紹介

マシニングセンタ・複合加工機

ブラザー 複合加工機ブラザー工業

フライス
フライス

ボール盤
ボール盤

板金機械の例

板金機械の一例を紹介

シャーリング(切断機)
シャーリングマシン

ベンダー(ベンディング)

板金機械 尺アマダ

建機メーカー シェア
【建設機械メーカー】世界市場でのシェアランキング【トップ12社】を解説建設機械メーカーの世界市場でのシェアランキング【トップ12社】 出典:小松製作所小松製作所 今回は建設機械、略し...

まとめ

今回は工作機械と板金機械の違いについて特徴や違いによる分類を駆け足にはなりますが、解説しました。

業界内では当たり前の呼び名などもふだんそのジャンルに触れていない方からすると意味不明の呪文のように聞こえることもありますので、説明する際などは気を付けたいですね。

今後もジャンルにとらわれず機械業界の情報を配信していきますので、参考になれば記事のシェアをお願いします。

それでは今回はこのへんで。

ABOUT ME
創業50年・機械屋の三代目跡継ぎアラサー男子【悠】による機械・ものづくりに関するブログです(非公式)■ためになる機械商社ならではの裏話も書いてるので気になるひとはクリックです!