工作機械・マシニング

三菱電機のワイヤ放電加工機「MXシリーズに」新型発売~特徴と従来機との違いを比較~

新型の三菱 放電加工機 MX900

 

 

悠
三菱電機が今月16日に油加工液仕様のワイヤ放電加工機「MX900」を発売しました。
今回は新型「MX900」の特徴や従来機の「MX2400」との違いを比較して見てみましょう!

三菱電機の新型放電加工機「MX900」の特徴

新型の三菱 放電加工機 MX900新型のワイヤ放電加工機「MX900」

参照元:三菱電機

悠
気になるMX900のデザインです。

デザイン

こちらが今回発売された三菱電機の新型放電加工機「MX900」の外観です。
見た目のデザインは従来機の「MX2400」と似ています。

ちなみに従来機のMX2400は
■iF Design Awards 2019のiFプロダクトデザイン賞
■2018年度グッドデザイン賞

を受賞しています。

三菱電機の放電加工機 MX2400従来機の「MX2400」

参照元:三菱電機

悠
デザイン性も世界的に評価されてるので、おそらく大きく変更せず設計したんでしょう。

位置づけ

公式HPには”小型機”と書いてますが、

従来のMX2400とMX600の中間のサイズなので

個人的に、MXシリーズでの位置づけ的には「中型機」になるのかなと思います。

これ一台で自動車のモーターの核の部分をほとんど加工可能なので、心強いです。

メカねこ
メカねこ
自動車モーターだけじゃなく精密な小型電子部品にも加工対応できるオールラウンダーなんやね。

機構の特徴

高推力シャフトリニアモーター超高剛性リニアガイドを搭載しているので、

ウェービングが出ることなく(極限まで抑えて)加工が可能です。

もちろん油の中での結線も自動運転でやってくれるので、24時間稼働の製造現場でも安心です。

また、右側モニターのコスト管理画面では機種ごとのランニングコストを表示できるので、
コスト削減にもつながります。

メカねこ
メカねこ
精密な加工も、コスト削減のヒントも表示できるんやね!

●MX2400とMX600の中間のサイズ
●高推力のリニアモーターに対応できる剛性のリニアガイド
●自動結線
●ランニングコストの可視化

 

三菱電機の新型放電加工機MX900とMX2400の違いを比較

 

メカねこ
メカねこ
これが仕様の比較表やで!

型式      MX900       MX2400
最大加工物寸法 500 x 500 x 100  1000 x 800 x 200
(幅×奥×高さ)
加工最大質量  300         600
テーブル寸法  560 x 505      860 x 670
各軸移動量   300 x 300 x 120   600 x 420 x 220
(X×Y×Z)
機械重量   4000         4500

どちらもX・Y軸 オプトドライブ仕様

加工できるワークの最大質量はMX2400の半分とかなりコンパクトになっています。
テーブル範囲も約半分になっているのではっきりとユーザーのニーズが別れるんではないでしょうか?

悠
モーターぐらいの中規模加工~電子部品などの小型加工、パワーと繊細さを兼ね備えている機種になります!
メカねこ
メカねこ
ちなみに気になる価格・金額のほうは・・・
悠
まだ標準価格はわかりませんが、
MX2400で2018年10月販売時点の
標準価格が5,000万円だったので、その60~70%ぐらいと予想します!
メカねこ
メカねこ
予想かい!!
まあでもそうか、能力がそのくらいやもんな・・・

今回は三菱の最新型ワイヤ放電加工機「MX900」の特徴と従来機との違いをご紹介しました!

こちらのMX900は評価の高い三菱製モーターを積んでるのでワイヤ電極が安定しているほか、
加工面粗さRz0.4μmを実現(超硬合金厚さ80mm)し、後工程での磨き作業工数を低減します。

悠
製造現場のニーズや製品にあわせて使用を選択してみてください!!
ABOUT ME
創業50年・機械屋の三代目跡継ぎアラサー男子【悠】による機械・ものづくりに関するブログです(非公式)■ためになる機械商社ならではの裏話も書いてるので気になるひとはクリックです!