中古機械の買取・販売

【中古機械を売る】買い取り価格査定の流れを機械屋が解説!

中古機械 価格

 

 

悠
今回は僕たち中古機械商社(機械屋)が工場・製造現場で使われていた中古機械を買取するまでの流れを解説しています。
これを読めば機械や産業設備の売却がどういった流れで行われているのかがわかりますので、

■機械設備を売りたい
■将来的には売却して新品と設備入れ替えをしたい

といった方はご覧ください。

僕たち機械商社機械の買取・引き取りなどは特に慎重に進めていますが、工場設備を売るということは製造現場にとっても小さな出来事ではないためポイントをわかったうえで慎重に進めていくのがおすすめです。

中古機械の買取までの流れ

中古機械商社、いわゆる僕たちのような「機械屋」と呼ばれる人に機械を売ったことがない人のためにザックリと、
”中古機械が工場から買い取られるまで”を解説します。

まずは工場で売りたい機械がある場合、機械を中古で売る際はその理由が3パターンくらいに分けられるのですが、

■工場を廃業する・機械を工場ごと丸ごと撤去したい
■特定の機械を使う仕事がなくなった・ほかの機械で代用できるため、機械を動かすことがなくなった
■古くなった機械をより新しく、性能が良いものに入れ替えて設備をグレードアップしたい

製造現場で稼働していた機械を売却する場合の動機はほとんどこの3点です。

悠
産業機器・工作機械などを売り買いするには古物商免許というものが必要で、これを持っているのが中古機械商社、俗にいう「機械屋さん」です。

中古機械商社に査定依頼の連絡

上記のような理由から、その製造現場の社長さんが機械商社に中古機械買取り査定依頼の連絡を入れます。

連絡方法はさまざまで、メール、FAX、直接電話などが主流です。
そのほか機械商社のホームページの問い合わせフォームから依頼したりも可能です。

知り合いや取引している先に中古機械商社がいない場合、同業者(製造業)の仲間に聞いてみるのが良いと思います。
ネットの情報だけでは本当に信頼して中古機械の買取を任せられるかどうかわかりにくいからです。

またはその買取り業者のサイトの在庫機械を見て、自分が売りたい機械と近いジャンルの機械を多く持っている機械屋に依頼するのが無難です。
機械屋にも得手不得手があるため、詳しい機械の種類も変わってきます。

正確な中古機械の査定をしてもらうためにも、依頼する機械に詳しい業者さんに聞きましょう。
また、中古機械を売る際には運賃が別途かかりますので、機械の保管場所から近いエリアの中古機械商社に依頼すると運賃が安く収まりお得です。

悠
中古機械の買取査定依頼時には、
■機械のメーカー
■機械の年式
■機械の型式
■機械の保管場所
■機械の状態
などの情報をあらかじめメモして伝えるとスムーズです。

中古機械の買取依頼時、だいたいの場合は機械の写真を撮影して送るように依頼されますので、写真を送りましょう。

悠
機械には製造年式や能力の記載された「銘板」が付いていることがほとんどなので、銘板を確認して依頼するとわかりやすいですよ。

中古機械買取り業者が実際に機械保管場所まで価格査定にお伺いします

中古機械の買取依頼の連絡が済んだら機械屋が査定に伺います。
機械の買取依頼連絡から査定に伺うまでザックリですが2~3日といったところです。

その際に、

■機械の仕様状況の確認
■電源を入れて機械の試運転
■機械の搬出場所・ルートの確認

等をしながら中古機械の買取価格を決めていきます。

特に機械の試運転は中古機械の状態を把握するうえでとても重要なので念入りに確認をします。
価格を決めるうえでも重要なポイントになります。

その日に機械の買取価格が出る時もありますが、いったん持ち帰って後日買い取り価格の連絡が来ることもあります。

悠
中古機械の買取価格を決めるポイントは他の記事でまとめますのでそちらも読んでみてください。

中古機械買い取り価格の決定と買い取り金額の受け取り

機械の状態を機械屋が試運転確認し、査定価格を依頼者に連絡します。

提示された買い取り金額でOKなら、機械の買取契約が成立。
中古機械の搬出日程や搬出方法の打ち合わせに移ります。

機械の搬出にあまり詳しくない場合は、機械屋に任せておけば、機械の搬送に慣れている重量業者と打ち合わせして
都合の良い日程を確認してきてくれるので、買い取りをする機械屋に丸ごと任せてもOKです。

また、中古機械の電源の線や個別にパーツの分解などが必要な場合は機械屋が対応します。
シャーリングマシンなどの地面にアンカー止めしている機械は搬出の前にあらかじめアンカーなどを外して置いたりするケースもあります。

悠
この作業を俗に「機械のバラシ」といいます。

買取り価格が決まると、機械屋から買い取り金額が支払われます。
現金のところもありますが、額が大きい場合振り込みがほとんどです。

悠
価格が決まったらあとは搬出です。
ここまでくればもう一息です。

売却した中古機械を搬出


打ち合わせた日程に中古機械買取り業者(機械屋)が重量屋さんとともに中古機械を引き取りに来ます。
重量屋さんは機械・産業機器の搬入出、据え付けのプロなので搬出作業は比較的スムーズに進みます。

あとはもう見ているだけで中古機械の搬出が済みますので特にすることはありません。

搬出された中古機械は機械商社の倉庫などに保管されメンテナンスののち売りに出されます。

悠
機械屋の在庫機械となり、スタッフが清掃・消耗部品の交換・修理メンテナンスし、試運転ののち売りに出されます。

僕は機械商社が集まる企業団地に所属しています。
東大阪の大阪機械卸業団地について詳しく知りたい方は下記も見てみてください↓

機械団地
大阪機械卸業団地(機械団地)とは?大阪で中古機械を売り買いするならここ大阪機械卸業団地(機械団地)とは? https://www.instagram.com/p/Bit74iuBEYO/ 今回は大阪機械...

機械屋のそのほかのお仕事はこちら↓

【自己紹介】機械系のメディアで情報発信をしてる「機械屋さん」です かんたん自己紹介 悠というハンドルネームで機械やものづくりについて情報発信しています。 機械といってもいろんな機械があり...

まとめ

今回は中古機械機械屋さんに買い取りしてもらうまでの流れを解説しました。
また、廃棄物が混ざっている・取り扱いが禁止されているなどいろいろな理由で買取りできない機械や設備もありますのでそこは僕たち機械屋に確認してみてください。

大まかな流れを理解しておけばトラブルもなくスムーズに機械設備の売却ができますので安心ですよ。

悠
ご質問がある方はお気軽にお問合せフォームからお問合せ下さい。
ABOUT ME
創業50年・機械屋の三代目跡継ぎアラサー男子【悠】による機械・ものづくりに関するブログです(非公式)■ためになる機械商社ならではの裏話も書いてるので気になるひとはクリックです!